I can’t be bothered.

めんどくさいと考えて生きてきたら厄年になってた   

SNSに吸い取られる時間

ブログは毎日更新せよ!

 

というのが、私が自分に課したことだったのですが、あっさりとケツをわってしまいました。

 

言い訳すると、ツイッターが楽しくてそっちに時間をとられてしまったのだ。

フェイスブックは、会社宣伝込みの社長がやるか、ここでご飯食べたよたーのしーというのに飽き飽きして。それでも負けずに家族あっぴるしたのですが、疲れてしまって。

もうやめた。

 

Twitterは、面白い。此奴何者?という人からニートの人から色々なプロまで好き勝手につぶやいている。それを拾っていくと、そこからさらに色々と拾える。無限である。

基本、私はこういってブログで発信するより、受身で色々と情報を浴びることに慣れてしまっているので心地がよい。

私の嗜好に合う人をフォローするのでさらに居心地の良さに拍車をかけた。

 

でも、1ヶ月ほどやってみて、ちょっと距離を置こうと思っている。

何故なら頭が麻痺するから。休憩しているはずなのに休憩になっていないのだ。

 

2chのまとめを見る頻度は減ったが、おっさんには2chのまとめで踊らされるぐらいが丁度いいのかもしれない。

 

今の若い人は、この情報過多の時代をどうさばいているのだろうか。

 

 

LCCで沖縄に行ってきました

f:id:amakou:20170213134039j:plain

 

人生初のLCCで沖縄に行ってきました。沖縄は10年ぶりぐらい。

LCCいいですね。思っていた印象が大分違いました。

 

考えていたことより良かったこと。

 

1.ピーチは狭い

思っていたよりかなり広かった。伊丹ー新潟の飛行機の方が狭かったです。

ただ、往復どちらも端の席だったので、3列の真ん中だとツラかったかもしれません。

2時間ぐらいなら余裕。

 

2.空港の僻地にあってサービス悪し

バスで空港内移動、関空は徒歩でしたが確かに距離は多少ありましたが、別に気にならない。行きは時間が気になったのと初見でイマイチ場所がわからなかったので不安でしたが。建物自体は安っぽさがありましたが、施設自体は飲食店、みやげもの屋ありで不満は感じませんでした。

フライト中も、ドリンクサービスはないのですが有料(お茶なら200円程度)であるので不満はないです。寂しいですけど、飛行機代の差額で十分にお釣りが来ます。

 

考えていた通りだったこと

1.値段の安さ

沖縄まで行きましたが、往復で2万円かかりませんでした。offシーズンでしたが納得の安さです。

2.時間の厳しさ

これは聞いた通りでした。1分遅れてもOUT。怖いですね。

3.融通の効かなさ

「機材繰りの為」2時間、帰りのフライトが遅れました。

機材ってなんやねんと思いましたが、機材=飛行機のようです。

LCCは1日に同じ機体を使いまわすので、途中で何かトラブルが起こると後の便にダイレクトに影響がでるようです。場合によっては欠航もあるとか。

ANAJALは数があるので代替機を飛ばすなりできるようです。

ここはLCCならではリスクでしょう。今回は会社の研修でしたので、送迎バスが出待ちしていてくれましたが、関空から自宅までタクシーとかゾッとしますね。

 

 

 

ファミリーマートはTポイントの呪縛から逃れるべき

通勤途中にコンビニに立ち寄るのが習慣な厄年です。こんにちは。

 

私の自宅から勤務先周辺で遭遇するコンビニは4店舗。

①「ローソン」②「ファミマ」会社入口③「ローソン」④「セブン」という感じ。

 

私としては、①のローソンではホットが冷え(夏はぬるくなる)③は会社の入り口をいったん過ぎないといけないという理由で②のファミマが購入のベストポジション!

 

なのですが、ある理由でなんとなく③のローソンで買っています。

 

その理由は

毎回聞かれる

Tポイントカードは持ってないですか?

の一言がめんどくさい。

 

ローソンでも「ポンタカードもってませんか?」と聞かれることはあるのですが、聞かれないことの方が多い。ファミマでは聞かれなかった記憶はありません。

 

店員さんに罪はないのは承知しておりますが、このやりとりが非常にめんどくさい。

 

マイクか何かでチェックでもされているのか?というぐらい徹底してる。関心すると同時に毎回の意志表示がめんどくさい。

 

なので、このやりとりがないローソンに通っています。

 

Tポイントカードは最初にガソリンスタンドで作りましたが、登録がないと使えないタイプで、ポイント使おうとして無理です。と言われて以来、逆恨みして所持するのを止めました。

 

特に朝一はこのささいなやり取りが嫌なのです。声を発するのすら億劫なのだ。朝一は。

 

ファミリーマートはTポイントの確認という呪縛から解放されるべきである。

 

 

 

 

 

 

 

PTAはめんどくさいけど無難にすごした

 

トピック「PTA」について

 

まず

PTAは必要ですか?私が「#PTAやめたの私だ」の記事を読んで。 - 理想の私が死んでいく

この記事を読んで、次にこの記事を読んだ。

www.buzzfeed.com

 

ここで少し感情的になって感想を書きました。PTAやっている時にこういう人がいて、とてもめんどくさかったから。

 

で、投稿後にこちらを読みました。 

mazmot.hatenablog.com

 

kaishaku01.hatenablog.com

 

理性的、かつ簡潔に上手にまとまっています。どうぞ笑

私の文章がうんこでした。恥ずかしい。

 

 

 

 

【以下その駄文】

 

私もPTAに参加してました。どこにでもあるだろう普通のPTA。

大半の人が無関心で、一部の人に熱意があり、なんであるんだろうと感じつつも、保護者と学校がつながる組織はいるとは思うし、でも自分は役員になりたくないと思う普通のPTA。

 PTAの在り方とかそういう議論は全然あっていいと思います。ただ、私は無難に何もしないという立場。わが身家族が大事。後の人に任せた~という無責任スタイルです。子供が無事に卒業できるならどうでも良い。

 

本題のPTAをめんどくさくなくする方法ですが、まぁ基本めんどくさいです。ただ、要領がいい人と悪い人、めんどくさい人がいるかいないかで、しんどさが違う気がします。

 その年度によって当たりハズレは絶対ある。

 

まずめんどくさいハズレ年がとてもご意見が多い親御さんがいた場合。超めんどくさい。もうね。うわぁーってなるというかなってた。役やってなかったので大変ですねぇ(暗黒微笑)でした。

 

逆にPTAやるぜー絶対出席しろよマンもめんどくさいです。会議大好き、打ち上げも大好き。改革大好き。ただ、こっちは話せばわかるし交渉可能なので、状況は変えやすい。めんどくさいけど。

 

  

◆無難に最低限のめんどくさいで過ごす

 

まず、役員や委員の選出方法などを入学したら調べましょう。

そして、断る理由を用意しておくことが大事です。結構いきなりお願いされます。 

仕事、家庭なんでもいいです断りましょう。

 

嫌われるのは全然協力しないのに段取りが悪いだの、連絡が遅いだの結果論で口だけ出す人です。大多数の人は同じ年代の子供を持つイイ大人です。嫌がる人にそうそう無理強いはしません。

  

参加するのもめんどくさい。

断って周囲の目を気にするのめんどくさい。

 

どちらもめんどくさいので、あとは個人の判断かと。

私は後者の方が嫌だったのでさっさと委員やってました。

 

 

 

 

 

 

 

めんどくさい人ほど厄払いに行った方が良い

結論から言ってしまうと、このブログに辿り着いてしまった人は行った方が良い。

それも出来るだけ早く。

 

行く時期は諸説あるようですが、周りは大体節分までに行った模様。

 

行った方がいい理由は「厄払い行ってないな」とずっと気になるから。

気になる状態が続くと無駄な心労を抱えるだけなので経験上さっさと済ませた方がよいです。DAIGOは言っています、人が1日に使える脳力は決まっていると。

 

お祓いに行ったほうがいいのかなと悩むぐらいの人は気苦労が多いと思いますので

無駄に消耗する前に行ってしまいましょう。

 

私も「厄払い行った方がいいかな、でもめんどくさいな」と1週間ぐらい毎日悩んでいましたが、妻の「さっさと行け」の一言で行ってきました。なかったらあと1ヶ月はグズグズしてたと思います。

 

5000円の祈祷料を1万円と偽って飲みに行ったのが妻にバレたのは厄年だから。

 

 

 

 

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタルが面白い

動画配信中の「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」が面白すぎたので、見終わったままの感想を。

 

■まえがき

 

笑ってはいけないの賞金版。10人のお笑い芸人が参加費100万円をもって

一部屋に集合。6時間以内に9人を笑わして残った1名が賞金1000万円をGETする。

 

以下ネタバレを極力抑えた感想です。

事前情報を全くいれたくない方はここまでで。

 

 

 

■まっちゃんの笑いへの探求心と衰えの自覚にグッとくる

・笑ってはいけないは、よくも悪くもエンターテイメントになってしまった。

・すべらない話でも、ほんまに(後輩が)笑っているのか気を遣わせてしまっているのかわからない。そういう立場になってしまった。

 

こう喋っているまっちゃんを見た時に、厄年男としてはグッときてしまいました。

わかる。特に2つ目。まっちゃんみたいに、その道のTOPどころか3流だけど。

 

■モザイクかかりまくりの下品さの中のチャレンジ

下品。もう下品だけど、捨て身のチャレンジがグッとくる。

一発ギャグでスベリまくりなんだけど、必死でトライする芸人の姿がイイ。

 

■すごい緊張感のある空気の中での笑いに新しい可能性を見た

会場を暖めるという、笑いの空気のようなものを一切なくした舞台で笑わせる。

すごい緊張感がただよう中で隙をついたような、「プッ」となる笑いが最高に面白い

この番組のネタを仮にゴールデンのバラエティでやったら「さぶー」ってなる。

1つも面白くないのに、不思議とあの場所ではめちゃくちゃ面白く感じる。

 

「世界で一番面白い奴は世界で一番つまらない奴」

 

というまっちゃんの考えは正しいのかもしれない。

 

2ndシーズンも制作が決定しているようなので、期待したい。

 

■惜しかった部分

昔、BIG3(タモリ、タケシ、さんま)の英語をしゃべってはいけないゴルフという正月特番の1コーナーがあった。

その時、ペナルティもお構いなしに喋り捲るさんまと、受けて立つビートたけしとは裏腹に、全く喋らず、構わずもくもくとプレイするタモリがいた。

子供心ながらに、ルールとしては正しいけど面白くないと思ったものだ。

 

今回も、人数が多い序盤は攻めと守りのバランスがとれていたが、後半になると笑わないことに力が注がれ、守りばかりになり飽きてくる。

今後は、喋らない芸人にはペナルティを与えるなどして、場を動かす仕組みが欲しい。

 

あと、芸人によって笑った笑ってないの判断が違ったのも課題だと感じた。

そういう意味では、年末の笑ってはいけないは、本当に良くできていると思う。

 

■まとめ

動画配信というTVの外に出たこの企画。ものすごい可能性を感じた。

探せばアラは沢山見えるが、世に形として出たことをまず喜びたいと思う。

素人なりに笑いについて感じ取れるものがこの動画にはあった。

 

 

 

 

 

40過ぎた親父がツイッターを始める時の3つのめんどくさい

f:id:amakou:20170130161745p:plain

 

ツイッターはじめました。

所用時間1時間。めんどくさいに負けそうでした。

 

めんどくさい その①

 

Gmailアカウントの新規作成。

 

ITの世の中ですから、いくら厄年の親父といってもGmailアカウントの1つぐらいは持っています。

私の場合は2つありますが、1つは通販登録。楽天メールが恐ろしく溜まってます。

もう消すのもめんどくさい。

もう1つはリアルで使用しているので、何かあった時に捨てにくい。

 

ということで3つ目を作ることにしましたが、IDがね弾かれるんですよ。

ブログに関連した言葉ということで考えてみたんですが、ことごとく「既使用」

 

めんどくさくなったので、結局お尻に数字を入れました。

ここで20分ぐらい。何かあった時にID忘れて困る絶対。

 

めんどくさい その②

 

ここでもIDの「既使用」の嵐。めんどくさったので(略

 

めんどくさい その③

 

誰をフォローしたらいいのか悩む。

フォローフォロワーという言葉ぐらいしか知らないおっさんですので

使い方がわかりません。

 

毎日挨拶するのが礼儀なんでしょうか。

 

めんどくさい 番外編

 

ブログのサイドバーに表示させる方法が去年ぐらいに変わってる。

一番上から見ていきましたが、微妙にツイッターの設定画面が違い。

そのボタンないやん状態。

 

 

このブログで正解でした。感謝。

www.mutant-tetsu.com

 

 

 

はじめてみた というより はじめる準備が出来たといったところでしょうか。